睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠中に呼吸が止まったり、大きないびきをかいたりしていませんか?

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、睡眠中に呼吸が停止したり、低呼吸状態が続いたりする病気です。睡眠時無呼吸症候群にかかると、十分に眠れないことが原因となって、「日中に強い眠気が生じる」「記憶力や集中力が低下する」「何度も目が覚めて、トイレに行く」などの症状が現れる場合があります。また、「高血圧」「糖尿病」「脳卒中」などの生活習慣病を引き起こす可能性も高くなります。

睡眠中の呼吸停止

医学的には、呼吸が10秒以上停止する無呼吸の状態が一晩の睡眠中に30回以上生じるか、1時間あたり5回以上生じ、かつ自覚症状(苦しくなって起きるなど)をともなう状態のことを差します。

こんな症状はありませんか?

家族などから、「寝ている時に呼吸が止まっていた」と言われたことがある
家族などから、「寝ている時に大きないびきをかいている」と言われたことがある
昼間、激しい眠気におそわれることがある
若い頃よりも体重が増えた

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査

患者様の現在の気道の狭さを検査します。重症の場合、覚醒時でも気道が狭くなっていることがあります。当クリニックでは、放射線被ばくのない安全なオープン型MRIを使用し、検査を行います。

気道が狭くなる原因

気道は睡眠時無呼吸症候群にかかっていなくても、睡眠による筋肉の緩みや、仰向けで寝るなどの要因により狭くなることがあります。また、「加齢などによる筋力の低下」「肥満などによる低位舌」「顎の後退」「扁桃肥大」「軟口蓋が長い」などの要因によっても狭くなることがあります。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療

軽度
  • 歯科医院でマウスピースを作製
  • 睡眠指導
  • ダイエット  など
中程度以上
  • CPAP療法という、鼻マスクを装着し、機器(CPSP装置)から空気を送り込んで気道を広げる治療を行います。治療による効果をデータにして、毎月お渡しします。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の合併症

急性期のリスク
  • 起床時の頭痛や頭重、倦怠感など
  • 記憶力や集中力の低下
  • 日中の眠気
  • 仕事中、ミスを繰り返す
  • 集中力低下や眠気などによる交通事故
  • 記憶力・集中力低下や眠気などによる労働災害
慢性期のリスク
  • 高血圧(健常人と比べて1.37倍)
  • 糖尿病
  • 心不全(30~40%の方が、睡眠時無呼吸症候群の合併がみられるとされています)
  • 心血管障害
  • 夜間突然死 (健常人と比べて2.61倍)
  • 脳卒中・脳梗塞(健常人と比べて3.3倍)
  • 認知障害
  • 発育不全

生活習慣の改善

睡眠時無呼吸症候群にかかると酸欠状態になり、心臓や血管が少しでも酸素を全身に行き渡らせようとするため、それらに負担がかかることがあります。こうした状態が長期間続くと、様々な生活習慣病を合併する場合があります。生活習慣の改善だけで睡眠時無呼吸症候群を治すことは難しいのですが、他の治療方法と併用することで改善させることは可能です。また、睡眠の質を高めるために、睡眠環境を整えるなどの対策も大切となります。

ダイエット

肥満によって睡眠時無呼吸症候群が引き起こされている場合には、ダイエットすることで改善できる場合があります。

横向きに寝る

仰向けに寝ると、重力の影響により舌や軟口蓋が下がり気道が狭くなります。なので、横向きに寝て、少しでも重力の影響を受けないようにしてください。そうすることで、症状を軽減することができる場合があります。

減酒

アルコールによって筋肉が緩むと、気道が塞がりやすくなります。また、夜中に目が覚めるようになったり、浅い睡眠が増えたりすることがありますので、症状改善のためにも減酒に取り組むようにしてください。

  • 西奈良メディカルクリニック オフィシャルサイト
  • メディカルフィットネス登美ヶ丘 ブログ
  • いむらクリニック オフィシャルサイト