シミ・そばかす

シミ・そばかす

シミ

シミとは、メラニンが蓄積することで、他の部位よりも皮膚が濃くなった状態のことです。一度シミができると完全に消すことは難しいですが、適切な治療を受けることで、ほとんど見えなくなるくらいに薄くすることはできます。

そばかす

そばかすは、正式には雀卵斑(じゃくらんはん)と言い、鼻のまわりや頬などに拡散するようにできる小さな色素班のことです。多くは遺伝性のもので、紫外線を浴びてダメージを受けることで、濃くなる場合があります。一方、加齢とともに薄くなることもあります。

シミ・そばかすでお悩みの男性の方へ

お肌のことでお悩みなのは、女性だけとは限りません。男性でも、「シミ・そばかすをなんとかしたい」とお考えの方は大勢いらっしゃいます。当クリニックでは、男性のシミ・そばかすのお悩みにも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。シミとそばかすとでは選択すべき治療方法は異なり、また、蓄積しているメラニンの深さによっても異なりますので、患者様のお肌の状態を確認した上で、最適な治療方法を提案させて頂きます。

シミ・そばかすの施術

そばかす、そばかすのようなシミ(細かなシミが多数ある)

フォトRF(IPL+RF)

フォトRFを全体に照射することで、浅い層にあるシミを改善させたり、照射部位全体を透明感のある肌に導いたりします。麻酔は不要で、ダウンタイムもございません。そばかすは紫外線を浴びてダメージを受けることで再現する場合もありますので、3回以上を目安に継続的に受けられることをおすすめします。

レーザートーニング

低出力のレーザーをシャワーのように照射することで、そばかすを少しずつ薄くしていきます。繰り返し施術を受けることで、効果が実感できるようになります。麻酔は不要で、ダウンタイムもございません。

大きめで斑状のくっきり見えるシミ

隆起があるシミ

隆起のあるシミに対しては、炭酸ガスレーザーを用いて隆起部分を削り、平坦にしていきます。この施術だけでシミが目立たなくなることもありますが、色素が残っている時には、Qスイッチレーザーによる照射などの施術を行う場合があります。

複数あるシミ

フォトRF(IPL+RF)を複数回照射した後、色が薄くなったシミと、まだ色素が残っているシミとに分け、色素が残っているものに対しては、Qスイッチレーザーによる照射を行います。

1~2個程度のシミ、大きいシミ、色が薄い(深い)シミ

高出力のレーザーを照射することで、メラニンを破壊します。高い確率でシミを一掃することが可能ですが、ダウンタイムが必要となる場合があります。また、色素沈着が起こる可能性もありますので、施術にあたってはハイドロキノンの外用が必要です。

淡く不鮮明なシミ

シミが淡く不鮮明な場合、真皮内(皮膚の深層部位)のメラニンが原因で発生している可能性がありますので、浅い層にあるシミへの施術と比べると、施術回数が多くなる場合があります。皮膚の深層部位にまでレーザーを到達させることのできるQスイッチレーザーを照射して、シミを改善に導きます。

  • 西奈良メディカルクリニック オフィシャルサイト
  • メディカルフィットネス登美ヶ丘 ブログ
  • いむらクリニック オフィシャルサイト